東京・有明で開かれている「東京国際ブックフェア」で3日、図書館と書店、出版業界の連携を探るシンポジウムがあり、伊万里市民図書館の古瀬義孝館長が市民が主役の図書館のあり方を紹介した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加