愛媛オレンジバイキングス-佐賀バルーナーズ 第1クオーター、シュートを決める佐賀バルーナーズの相馬卓弥(中央)=愛媛県総合運動公園体育館((c)B.LEAGUE)

 バスケットボール男子Bリーグ2部(B2)の佐賀バルーナーズ(佐賀市)は第4節第2日の23日、愛媛県総合運動公園体育館で愛媛オレンジバイキングスと対戦し、101-80で快勝して4連勝を飾った。通算成績は6勝2敗で、西地区の暫定首位をキープした。

 佐賀バルーナーズは序盤から得点力が光った。澁田怜音が2本の3点シュートを含む8得点を挙げて第1クオーターに29-19とリードを奪うと、第2クオーターも井上諒汰やケニー・ローソンを中心に得点を重ね、55-33で折り返した。

 第3クオーターは残り1分半から井上の3点シュートなどで10連続得点。終始試合の主導権を握り、今季初めて得点を100点の大台に乗せた。

 佐賀バルーナーズは第5節の28日午後7時から、奈良県のならでんアリーナでバンビシャス奈良と対戦する。(井手一希)

このエントリーをはてなブックマークに追加