再稼働の前提となる審査が進む九州電力川内原発1、2号機(鹿児島県)について、原子力規制委員会が実質的な合格証となる「審査書案」を、9日の定例会合で示す方針を固めたことが4日、分かった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加