意外と知らないお金の話​

 お父さん、お母さんたちはお金を稼(かせ)いで、みなさんにお小遣(こづか)いやお年玉をくれます。お小遣い、お年玉、もらうと嬉(うれ)しいですよね。お金があると色んなものが買えます。でも、「貯金しなさい」って言われることもありますよね。
 物を買うときには値段(ねだん)がありますが、値段は誰(だれ)がどうやって決めているのでしょうか?
 また、物を買うときに「消費税(ぜい)」も払(はら)います。これはどうして払わなければいけないのでしょうか?
 「貯金」するときの「銀行」ってどんなものなのでしょうか?
 そもそも、お金って何でしょう? 丸い金属(きんぞく)のお金、四角い紙のお金だけじゃなく、Suica、PayPay、LINEPayなどの実物がない電子マネーもありますね。
 大事なことですが、意外と知らないお金のことについて、ばっちり知ることができますよ。(司書ネットワーク課 諸岡秀孝)


【ほかにもこんな本をおすすめ!】

▽こども六法 山崎 聡一郎/著(弘文堂)
▽こどものとうひょう おとなのせんきょ かこ さとし/著(KADOKAWA)
▽メシが食える大人になる! よのなかルールブック 高濱 正伸/監修(日本図書センター)

 

 【図書館へ行こう】
 紹介している県立図書館の本は、皆さんが住んでいる市や町の図書館からも借りることができます。本の世界に触れてみてください。問い合わせは県立図書館、電話0952(24)2900。

このエントリーをはてなブックマークに追加