嘉瀬小学校の江口浩文校長(後列左)らにプロジェクターなどを贈ったトヨタカローラ佐賀の前田博憲社長(同中央)と佐賀銀行の牟田日出光部長(同右)=佐賀市嘉瀬町の同校

 佐賀市嘉瀬町のトヨタカローラ佐賀と佐賀銀行は21日、同銀行のCSR私募債を通じて同町の嘉瀬小学校(江口浩文校長)にプロジェクターや、体育の時などに使うセーフティーマットなど7台を贈った。

 CSR私募債は、企業が発行した社債を佐賀銀行が引き受け、発行額の0・2%相当額を教育関連備品として学校などに寄付する仕組み。トヨタカローラ佐賀は2億円の私募債を発行、約40万円相当の備品を贈った。

 贈呈式では、同社の前田博憲社長と福成英明常務、佐賀銀行本店営業部の牟田日出光部長らが嘉瀬小を訪れ、6年生の久部世羅さんに目録を手渡した。

 前田社長は「将来を担う大切な存在である子どもたちのお役に立てれば」とあいさつ。児童代表で6年生の茶圓實人君が「大切に使って学び、地域の人に役立つ人になりたい」と感謝の気持ちを伝えた。(中島佑子)

このエントリーをはてなブックマークに追加