「多久deハロウィンフォトコンテストの応募用QRコード

【きょうの催し】

 佐賀の異才を追う(12月6日まで、佐賀市城内の佐賀城本丸歴史館)

【巡回車】

 (24日)
 ◆胃がん・大腸がん・肺がん検診 8時=基山町保健センター(予約制)
 ※検診についての問い合わせは各市町担当課へ。

【告知板】

 ◆「てっぺんものがたり」無料上映会 (11月28日14時・17時、小城市のゆめぷらっと小城天山ホール)嬉野市の山間部を舞台に、耕作放棄地対策に取り組む市民団体が手掛けた映画を上映。茶農家を継いだ女性が、東京から移住してきた男性との出会いなどを通して、自然に囲まれた集落を維持しようと奮闘する姿を描く。監督は武雄市出身の写真家・野田尚之さん。上映会は、会場の施設を運営する「まちづくり小城」が地域貢献の一環で開く。申し込みは先着順で、定員100人。小城商工会議所内事務局、電話0952(73)4111。

 ◆「多久deハロウィン・フォトコンテスト2020」仮装写真募集
 多久市まちづくり協議会は10月末のハロウィーンにちなみ、仮装写真のコンテストを開く。入賞者には佐賀牛や多久市内の店舗で使える商品券を贈る。無料通信アプリLINE(ライン)で、11月6日まで応募できる。
 新型コロナウイルス感染防止のため、町歩きイベントの開催を見送る代わりに写真(1人1点)を募集する。仮装写真に応募者の名前、住所、電話番号を添えて、協議会の公式アカウント宛てにラインで送る。審査結果は11月11日、協議会のフェイスブックページやラインで発表する。詳細は、多久市まちづくり交流センターあいぱれっとのホームページに掲載。一般社団法人たく21、電話0952(20)2203。

【展覧会】

 ◆第1回「野ばらの会」水彩画作品展 (27日~11月1日、佐賀県立美術館)にじみ、ぼかしが特徴の透明水彩画約50点。風景や静物、花などをモチーフにした4~10号の作品が並び、優しい味わいの済んだ色彩で来場者を癒やす。9時半~18時(最終日は16時まで)。同会の有田さん、電話090(8229)1284。

このエントリーをはてなブックマークに追加