千葉県八街市で同居する75歳の母親を殺害し、遺体を切断、遺棄したとして、殺人と死体損壊・遺棄の罪に問われた長男(39)の千葉地裁の裁判員裁判で、検察側は懲役18年を求刑した。

このエントリーをはてなブックマークに追加