九州各県をめぐるJR九州の新観光列車「36ぷらす3」の運行が、16日から始まった。新型コロナウイルスの影響で落ち込んだ旅行需要の喚起のほか、地域活性化の呼び水への期待も込められる。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加