高校生平和大使で鹿島高2年の川﨑花笑さん。慰霊碑の前で追悼式を開く=鹿島市高津原の旭ケ岡公園

 もっと学びたかっただろう-。鹿島市の鹿島高で24日、太平洋戦争末期に学徒動員先で亡くなった生徒10人を追悼する会が27年ぶりに開かれる。同高2年で高校生平和大使を務める川﨑花笑(はなえ)さん(16)が発案した。惨禍を繰り返さないため、戦争の歴史と平和への思いを受け継いでいく機会にする。

 終戦から75年になる今年8月、川﨑さんは平和大使になった。新型コロナウイルスの影響で、街頭での署名などの活動が難しい中、「まずは知ることから」と地域の歴史を調べ始めた。手に取った学校史で、同校のそばにある旭ヶ岡公園に建つ慰霊碑の存在を知った。碑には同じ10代で戦争の犠牲になった10人の名前が刻まれていた。

 1944(昭和19)年9月、鹿島高等女学校(現鹿島高)の36、37回生が、戦闘機などを製造する長崎県大村市の第21海軍航空廠に動員された。同年10月25日にB29の爆撃に遭い、女学校の7人と鹿島立教実業学校(現鹿島高)の1人が亡くなった。

 終戦間際の45(昭和20)年7月30日には、さらに女学校の2人が「銃撃死」で命を落とした。同窓生らが追悼式を営んでいたが、93(平成5)年に慰霊碑が建てられたのを最後に、途絶えた状態になっていた。

 追悼の機会を復活させようと、川﨑さんは生徒会に声を掛け、学校側の協力も得て実現にこぎ着けた。会には当時の同窓生や遺族らも数人を招き、高校生も10人ほど参列する。慰霊碑の前で献花し、平和の誓いを述べる。

 川﨑さんは、当時に思いを巡らせ「ペンをハンマーに持ち替えて、空襲の音を聞きながら作業したり、逃げたりするのは怖かっただろう。同じ学校の生徒として、忘れないようにしたい」と話す。 (中島幸毅)

このエントリーをはてなブックマークに追加