教諭と一緒に稲を刈る児童=嬉野市塩田町

稲刈りを体験し、うれしそうに稲を見せる児童=嬉野市塩田町

 嬉野市塩田町のうれしの特別支援学校の6年生が16日、体験学習の稲刈りに挑戦した。児童9人は黄金色に染まった田んぼで楽しそうに収穫した。

 学校の近くに田んぼを持つ職員が協力し、6月に田植えもしていた。児童たちは事前にわらを使って刈り取る練習をしており、この日は「シュッ、シュッ」と教諭の掛け声に合わせて刈り取った。慣れてくると、はさみや鎌で次々と収穫する児童もいた。

 収穫したコメはおにぎりにして食べた。大津結李さんは「稲刈りは楽しかった」と笑顔を見せた。(松田美紀)

嬉野市のうれしの特別支援学校の児童が稲刈り体験(2020年10月16日)
このエントリーをはてなブックマークに追加