写真を眺める来場者=佐賀市のcosa

 東よか干潟ビジターセンター「ひがさす」(佐賀市東与賀町)のオープンを記念した写真展「ひがさすいのちたち」が、同市中央本町の総菜店「cosa(コサ)」のオープンスペースで開かれている。オーナーで料理人の富永茂樹さん(50)=佐賀市=が干潟の生き物をテーマに撮影した写真約40点が並ぶ。26日まで。

 富永さんは写真家としても活動。会場にはムツゴロウやシギをはじめ、豊かな干潟の生き物たちの生命力あふれる写真が展示され、富永さんは「写真展をきっかけに干潟に足を運んでもらえれば」と話す。

 夫婦で訪れた早瀬睦さん(47)は「ムツゴロウは知っていたけど、干潟にこんなに生き物がいるなんて。見に行きたくなった」と写真を眺めた。

 入場無料で、来場者にはマスク着用などを求める。午前11時から午後7時まで。(森田夏穂)

このエントリーをはてなブックマークに追加