上海市青浦(チンプー)区の上海工商信息学校の生徒たちが3日、鹿島市の鹿島実高(徳永清成校長)を訪れた。グローバルな人材を育てる県の交流事業の一環で、両校は2年前から交流をスタート。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加