公選法違反罪に問われた元法相の衆院議員河井克行被告(57)が、新たに弁護人を選任したことが21日、関係者への取材で分かった。9月に弁護人を解任し、公判が中断していたが、今後審理が再開する見通し。

このエントリーをはてなブックマークに追加