■高品質、安定供給を 県産麦の研修大会が7日、生産者ら約400人が参加して小城市のドゥイング三日月で開かれた。2015年産は前年並みの約2万1千ヘクタールを作付け、高品質を維持する振興方針を採択した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加