大道芸人の技を披露しながら語る古賀一史さん=白石町の白石高

大道芸人の技を披露しながら語る古賀一史さん=白石町の白石高

 白石町の白石高普通科キャンパスで14日、キャリア教育講演会が開かれ、大道芸人や大学教授など6人が自身の取り組みなどを話した。生徒たちは講師の経験を聞きながら、自身の将来を考えた。

 各教室で開き、生徒は希望する講師の話を聞いた。体育館では大道芸人フーミンとしても活動する古賀一史さん(42)が一輪車を使ったパフォーマンスなどを披露し、挑戦することの大切さを伝えた。

 難しい技に取り組みながら、古賀さんは「できっこない、をしていく。諦めた時が失敗」と話した。3年の光瀬俊さんは「高校生だから無理だと考えず、挑戦していきたい」と感想を語った。

 ほかに、おもやいボランティアセンター(武雄市)の理事長や医師なども講師を務めた。普通科の全学年約360人が聴講した。(松田美紀)

このエントリーをはてなブックマークに追加