カニを奉納し、感謝をささげた供養祭=太良町竹崎の竹崎観世音寺

 太良町竹崎地区に水揚げされる有明海のワタリガニ「竹崎カニ」の供養祭が20日、太良町大浦竹崎であった。町内の旅館9軒でつくる「竹崎かに旅館組合」が主催、組合員や観光関係者ら約30人がカニの霊をなぐさめた。

 供養祭は今年、45回目を迎えた。竹崎観世音寺で生きたカニを奉納し、参加者が順番に焼香。海の恵みに感謝をささげるとともに、豊漁と商売繁盛を祈願した。

 その後、竹崎漁港から船を出して約20キロのカニを放流した。今年の竹崎カニは例年にない豊漁という。12月ごろから雌ガニが取れ始める。(中島幸毅)

このエントリーをはてなブックマークに追加