山口祥義知事(左)に合併を報告する佐賀信漁連の片渕伸行代表理事会長=佐賀県庁

 佐賀県信用漁業協同組合連合会(佐賀信漁連)の片渕伸行代表理事会長が19日、県庁の山口祥義知事を訪問し、来年4月1日に九州・沖縄6県の信漁連と合併し「九州信漁連」になることを報告した。

 信漁連は漁業者向けの金融機関。佐賀、福岡、長崎、宮崎、鹿児島、沖縄の6県にある信漁連は業務の効率化や財務基盤の強化を目指して合併することを決定、16日に契約を締結した。

 片渕代表理事会長は「合併することで、より利用者の役に立てるようにしたい」とあいさつした。山口知事は「漁協の組合員のみなさんや水産業振興のために、より尽力してください」と応じた。(宮里光)

このエントリーをはてなブックマークに追加