女子ダブルスで優勝した福島(右)、広田組=オーデンセ(バドミントンフォト提供・共同)

 女子シングルスで優勝した奥原希望=オーデンセ(バドミントンフォト提供・共同)

 女子ダブルス決勝でプレーする永原(左)、松本組=オーデンセ(バドミントンフォト提供・共同)

 バドミントンのデンマーク・オープン最終日は18日、デンマークのオーデンセで各種目の決勝が行われ、女子ダブルスは世界ランキング2位で第1シードの福島由紀、広田彩花組(丸杉Bluvic)が同3位で第2シードの永原和可那、松本麻佑組(北都銀行)を2―1で下して優勝した。

 女子シングルスは奥原希望(太陽ホールディングス)が2016年リオデジャネイロ五輪覇者のカロリナ・マリン(スペイン)と顔を合わせる。

 今大会は、新型コロナの影響で3月の全英オープンを最後に中断していたワールドツアーの再開初戦だったが、強豪の中国やインドネシアなどの選手は参加しなかった。(共同)

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加