トヨタ紡織九州-ジークスター東京 3試合ぶりに勝利を収めたトヨタ紡織九州の選手たち=東京都のエスフォルタアリーナ八王子

 第45回日本ハンドボールリーグ第7週第1日は17日、東京都のエスフォルタアリーナ八王子などであり、男子のトヨタ紡織九州レッドトルネード(神埼市)はジークスター東京に29-25で勝利し、3試合ぶりの白星を挙げた。通算成績は3勝1分け4敗(勝ち点7)で、順位を一つ上げて暫定5位。

 トヨタ紡織九州は前半、PV酒井翔一朗やLW梅本貴朗らのゴールで7連続得点を挙げて勢いに乗り、14-7で折り返した。後半は、LW津山弘也の7メートルスローなどで効果的に得点を奪った。2度の退場やシュートミスから速攻を許す場面が目立ち、残り4分には3点差まで詰められたが、逃げ切った。

 トヨタ紡織九州は第8週の24日午後0時半から、熊本県立総合体育館でゴールデンウルヴス福岡と対戦する。

このエントリーをはてなブックマークに追加