10月の高年齢者雇用支援月間に合わせて、生涯現役社会の実現に向けたセミナーが23日午後1時15分から、佐賀市文化会館で開かれる。「人生100年時代どう生きる」と題し、高齢者の雇用と働き方改革について考える。

 ワーク・ライフバランスコンサルタントの福成有美氏が「高齢者活用でチャンスを拡大」と題し、働きやすく働きがいのある組織づくりについて講演。高齢・障害・求職者雇用支援機構の副島泉氏は、高齢者の継続雇用に関する法律などを解説する。

 事例発表では、社会福祉法人佐賀西部コロニー理事の中尾富嗣氏が「互譲互助」の精神で取り組む職場づくりの実践例を報告する。

 同機構佐賀支部、県シニアはたらきたいけん推進協議会が主催。参加費無料。事前予約が必要で、申し込みは同機構佐賀支部高齢・障害者業務課、電話0952(37)9117(平日)。(森田夏穂)

このエントリーをはてなブックマークに追加