新体操の全日本選手権第2日は15日、東京・国立代々木競技場で行われ、女子個人総合は仁川アジア大会代表で17歳の河崎羽珠愛(イオン)が合計58・350点で初優勝した。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加