総合交流宣言を交わした上峰町の野口敏雄教育長(右)とマッシヴドライヴの坂本正裕代表=上峰町役場

 上峰町教育委員会は15日、唐津市に拠点を置く3人制プロバスケットボールチーム「カラツレオブラックス」などの運営会社「マッシヴドライヴ」と総合交流宣言を交わした。小中学校のスポーツ振興や町民の健康増進などに協力して取り組む。

 同社は、カラツレオブラックスや九州初の3人制女子プロバスケットチーム「レオナイナーズ」を運営。同様の宣言は唐津市と結んでおり、同町は2自治体目。

 宣言書では、バスケットボールを核にした多方面にわたる交流を通し、多世代の健康づくりと、町内のスポーツ振興を協働で進めることを確認している。

 町役場で開いた調印式では、同社の坂本正裕代表と野口敏雄町教育長が宣言書に押印。坂本代表は「町民の健康づくりや青少年育成に向け協力態勢をつくりたい」と意欲を見せ、野口教育長は「上峰町を県東部の拠点にしてもらえれば。お互い刺激し合いながらやっていきたい」と話した。

 両者は今後、小中学校での交流やスポーツ指導、町内でのスポーツイベント開催などを行う。

(瀬戸健太郎)

このエントリーをはてなブックマークに追加