民間へ移譲する寿光園デイサービスセンター=唐津市厳木町(市提供)

 唐津市は、市公共施設再配置計画に基づき、同市厳木町で通所介護を行っている寿光園デイサービスセンターを民間へ移譲する。市内で養護老人ホーム、または介護保険事業所を経営している社会福祉法人を対象に引受先を募集しており、民間の力を生かして高齢者福祉の向上を目指す。

 同センターは1992年4月に開業した。鉄筋コンクリートの平屋建てで、延べ床面積357・5平方メートル。建物のほかに事務用品、歩行練習用階段などの物品のほか、机、ロッカー、いすなどセンター内の備品約110点を無償譲渡し、土地は有償譲渡とする。

 施設の定員は20人。現在の通所者が引き続き利用でき、現況のサービス水準の維持や向上、希望する職員の雇用維持が条件となっている。経営移譲は2022年4月から。移譲が決まれば、市直営のデイサービスセンターはなくなる。

 必要書類は市のホームページからダウンロードし、市保健福祉部高齢者支援課に申請する。応募は11月30日まで。問い合わせは同課、電話0955(72)9230。(成富禎倫)

このエントリーをはてなブックマークに追加