佐賀県は14日、前日に新型コロナウイルスへの感染を確認した佐賀市の50代男性について、勤務先の福岡市内の職場の同僚から感染した可能性が大きいとの見方を示した。

 県によると、同僚は9日に陽性と判明、男性も同日に出勤し、11日からせきや関節痛などの症状が出た。12日に福岡県内の保健所から連絡でウイルス検査をした結果、翌13日に陽性と分かった。症状は軽いといい、佐賀県内の宿泊療養施設に入所している。濃厚接触者の家族2人は陰性だった。(岩本大志)

このエントリーをはてなブックマークに追加