昨年、有田町で販売を開始した「ちゃわん最中(もなか)」と「白磁彩菓(はくじさいか)」は、どちらも新しいけど、“焼き物の町”ならではの古さを持ち合わせた菓子です。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加