山椒(さんしょう)の香りと風味でパンチのある味に

 

【材 料|4人分】

エビ ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 16尾(160g程度)
エリンギ ・・・・・・・・・・・・・・・・ 1本
ヤングコーン ・・・・・・・・・・・・・・ 4本
オクラ ・・・・・・・・・・・・・・・・・ 4本
パプリカ(赤・黄) ・・・・・・・・・・・ 適量
※野菜は好みのものでOK

塩 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ひとつまみ
こしょう ・・・・・・・・・・・・・・・・ 少々
重曹 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・ ひとつまみ
水 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 大さじ2
片栗粉 ・・・・・・・・・・・・・・・・・ 小さじ1
※ 塩〜片栗粉をAとする

塩 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 100g
山椒粉 ・・・・・・・・・・・・・・・・・ 小さじ2
※ 塩〜山椒粉をBとする

揚げニンニク ・・・・・・・・・・・・・・ 大さじ1
ネギ(みじん切り) ・・・・・・・・・・・ 1本分
パクチー(みじん切り) ・・・・・・・・・ 大さじ1
タカノツメ(輪切り→粗みじん切り) ・・・ 小さじ1
※ 揚げニンニク〜タカノツメをCとする

片栗粉(洗う用/揚げる用) ・・・・・・・ 適量
 


【作り方】

1:野菜をひと口大にカットする。エビは塩(分量外)と片栗粉で洗い、キッチンペーパーなどで水気を切る。
2:①のエビにAで下味を付け、粘りが出るまでしっかり混ぜる。
3:Bで山椒塩を作る。平たい皿、もしくはバットに山椒粉を広げておく。フライパンに塩を入れ、弱火で熱々になるまで炒ったら、山椒粉に加え、素早く混ぜる。
4:①の野菜を素揚げする。②のエビは、片栗粉をまぶして揚げる。
5:冷たいフライパンにCを入れて火を付け、香りが出るまで強火で手早く炒める。
6:④の野菜とエビを加え、③の山椒塩(適量)で味付けし、サッと炒める。
 

 【POINT】

 
 

触ると熱いくらいに温めた塩と山椒粉を合わせることで、山椒の香りがふわりと立ちます。塩は、こげないように混ぜながら弱火でじっくり炒りましょう。山椒粉は火にかけずにバットで待機。素早く合わせ、熱が冷めるまで混ぜ続けるのがポイント。

 

【Memo】

“山椒塩”
中国料理では一般的な山椒塩は、食欲そそる香りとピリッとさわやかな辛味が特徴。天ぷらや揚げ物、炒め物と何にでも合わせてOK。山椒塩に変えるだけで、いつもの料理がちょっと違う雰囲気に。保存が利くので、たくさん作っておくと便利。


 RESTAURANT DATA 

中国料理 大観苑
[住]佐賀市与賀町1-2 ホテルニューオータニ佐賀
[☎]0952-23-1117
[営]11:30-14:30
   17:30-20:30
[他]開業44周年を記念した「有田焼と中国料理」の特別コースを提供中(~10/31)。美しい有田焼と県産食材を使用した華やかな料理を堪能できる(6000円/1人・税サ別)

荒殿 俊 さん
ホテルニューオータニ佐賀 中国料理大観苑料理長。ホテル主催の「クッキングスクール」の講師も務める

このエントリーをはてなブックマークに追加