カブトガニの産卵期を前に、伊万里市木須町の多々良海岸で1日、伊万里高校の生徒約80人が清掃活動を行った。海岸に落ちているごみを拾い集め、“生きている化石”を迎える準備を整えた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加