元気いっぱいにミュージカルを熱演するAKMアミューズのメンバー=有田町黒川の炎の博記念堂

有田焼を使ったキャンドルナイトの準備をする様子を演じるメンバー

 有田町を拠点に活動するミュージカルグループ「AKM(有田記念堂ミュージカル)アミューズ」による「キャンドルに願いを」のプレ公演が10日夜、有田町の焱ほのおの博記念堂で開かれた。子どもたちを中心とした18人が、有田町を舞台にした物語を元気いっぱいに演じた。

 AKMアミューズには、町内とその近郊に住む5歳から大人までが所属。公演はコロナ禍で延期となり、レッスンも3カ月ほど中断していた。今回はプレ公演のため、衣装や舞台セットなどは簡易版で上演した。

 有田焼の器を使ったキャンドルナイトに取り組む子どもたちが、カッパとの出合いを通し、それぞれの悩みを解決していくストーリー。熱演に会場から大きな拍手が湧いた。

 西有田中2年の池田光希さんは「来場者に感動してもらえたのがうれしかった。ソロの部分も褒めてもらえた」と笑顔を見せた。プレ公演は、動画投稿サイト「ユーチューブ」で配信している。本公演は12月26日に同会場で予定している。(古賀真理子)

このエントリーをはてなブックマークに追加