厳木が持ち前の打力を生かし、得点を重ねた。 厳木は2-1の五回表、無死満塁から平田が左前に運び3-1。続く徳田も中前への2点適時打で畳み掛け、さらに1点を加え6-1とした。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加