玄海原発から半径30キロ圏内の医療機関や福祉施設の避難計画。表向きは241施設が主体的に策定したことになっているが、「個別の施設で独自に決められない」と、県が提示した「ひな形」を追従した施設もある。現場からは「いろんな想定が欠けており、絵に描いた餅」と実効性を問う声も上がった。