第七章 素志貫徹(四十八) 親友の空閑次郎八が気の毒そうに言う。「八太郎、心して聞け」「何だ」「そなたの右足がない」 大隈はその言葉の意味が、はじめ分からなかった。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加