スタントマンが体を張って事故を再現した交通安全教室=神埼市の千代田中

 神埼市の千代田中(川村顕校長)で2日、プロのスタントマンが自転車の交通事故を再現する交通安全教室が開かれた。全校生徒約300人が、間近で見る「交通事故」の恐ろしさを実感し、交通ルールを守る大切さを再確認した。

 スタントマンたちは、一時停止せずに飛び出した自転車がはねられたり、横断歩道で停車中の車の横を止まらずに走行した自転車が歩行者をはねたりする事故を再現。「自転車は被害者にもなれば、加害者にもなる」と安全確認や交通ルール、マナーの重要性を訴えた。

 自転車通学をしているという3年の内川夢也さん(14)は「友達と並進しないようにするなど、交通ルールをしっかり守りたい」と話した。

 神埼署によると昨年、管内で中学生が関わる自転車の事故は10件発生している。

 教室は、通学や日常生活で自転車の利用頻度が高い中学生を対象に毎年開催。本年度はJAさがとJA共済連佐賀が主催、東原庠舎東部校(多久市)、多良中(太良町)でも実施する。(西浦福紗)

このエントリーをはてなブックマークに追加