東明館が六回に一挙6点を奪い、7―5で唐津商に逆転勝ちした。

 東明館は1-4と3点を追う六回、7番藤田の内野安打と押し出し四球で1点差に迫ると、さらに敵失に乗じて逆転に成功した。なお2死満塁から4番出田の中前適時打で2点を追加し、リードを広げた。

 唐津商は五回に8番盛田の右前適時打などで3点を勝ち越したが、守備の乱れによる失点が響いた。

このエントリーをはてなブックマークに追加