■「掛け声ばかり」不満も 成果実感できぬ母親たち 午後7時半。延長保育が終わるぎりぎりに、鹿島市の団体職員の女性(30)は保育園に滑り込んだ。「遅くなってごめんね」。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加