原発立地自治体を徒歩で巡り、原発廃止を祈願している日本山妙法寺の僧侶らが11日、東松浦郡玄海町の玄海原発を訪れた。早朝から7時間「断食祈念」した後、県庁を訪れ、脱原発を申し入れた。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加