九州新幹線長崎ルートを巡り、質疑があった佐賀県議会一般質問=県議会棟

九州新幹線長崎ルートに関する質問で、所感を述べる山口祥義知事(手前)=県議会棟

 九州新幹線長崎ルート新鳥栖-武雄温泉間を巡り、佐賀県の山口祥義知事は30日、国土交通省から提案され複数の整備方式に対応する環境影響評価(アセスメント)の回答期限の9月末を迎えたことに関し、「もう答えている」と述べ、同意しない考えを示した。県庁で記者団に答えた。

 複数アセス案は、数年にわり整備方式を協議する間、先行してアセスを実施することで着工までの期間を短縮する狙い。国交省は9月末までに佐賀県が同意すれば、2023年度着工に向けた北陸新幹線(敦賀―新大阪)とセットの財源議論に間に合うとしていた。

 県はこれまで再三、「同意できない」と回答している。法令上、必要なアセスはフル規格とミニ新幹線だけで、23年度着工に間に合うのは佐賀駅を通るルートのフル規格だけというのが県の考え。山口知事は「アセスに飛び乗ることはしないと決めていて、最初からお断りしている。回答期限が延びたが、佐賀の考えは変わらない」と明言した。

 国交省幹線鉄道課は「県議会で新幹線に関し、国と積極的に向き合うようにとする決議がなされたことは歓迎している。アセスに同意されなかったことで、状況は厳しいが、事態進展に向け全力を尽くしたい」と話した。(栗林賢、山口貴由)

このエントリーをはてなブックマークに追加