西松浦郡有田町の源右衛門窯(金子昌司社長)と深川製磁(深川一太社長)で、来年の干支(えと)「未(ひつじ)」にちなみ、家族の安泰を象徴し、恒久平和を意味する羊をあしらった縁起皿や置物などの販売が始まっ…

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加