インディアンス戦に先発したヤンキース・田中=クリーブランド(AP=共同)

 ブルージェイズ戦の2回、満塁本塁打を放ちアダメズ(右)とタッチを交わすレンフローをベンチで見守るレイズ・筒香(奥)=セントピーターズバーグ(共同)

 【クリーブランド共同】米大リーグは9月30日、各地でワイルドカードシリーズが行われ、ア・リーグ第2戦はヤンキースの田中がインディアンス戦に先発し、4回0/3を5安打6失点、3三振3四球で勝敗は付かなかった。チームは10―9で2連勝し、4年連続で地区シリーズに進んだ。

 レイズの筒香はブルージェイズ戦に出ず、チームは8―2で2連勝。地区シリーズではヤンキースと対戦する。

 前田が所属するツインズはアストロズに1―3で2連敗して敗退。

 ナ・リーグは第1戦で、レッズの秋山はブレーブス戦に延長十一回に代打で空振り三振。チームは十三回、0―1でサヨナラ負けした。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加