東京証券取引所=2019年11月、東京都中央区

 東京証券取引所でシステム障害が発生し、一部銘柄の表示が消えた株価ボード=1日午前、東京・八重洲

 日本取引所グループ(JPX)傘下の東京証券取引所は1日、システム障害が発生したため、株式全銘柄の売買を終日停止すると発表した。取引を終日停止するのは初めてで、2005年11月の約3時間の停止を上回り、過去最大の障害となる。午前9時の取引開始前から相場情報の配信が滞った。原因の究明と復旧を急いでいる。東証のシステムを利用する札幌証券取引所、名古屋証券取引所、福岡証券取引所も1日、株式全銘柄の売買を終日停止する。大阪取引所などの先物取引は通常通り実施された。

 東証は、外部からの不正アクセスによって発生した可能性は低いと明らかにした。

>> もっとくわしく読む
このエントリーをはてなブックマークに追加