【ワシントン共同】米商務省が30日発表した2020年4~6月期の実質国内総生産(GDP、季節調整済み)確定値は、年率換算で前期比31・4%減となった。減少率は改定値からやや縮小したが、比較可能な第2次大戦直後の1947年以降で最悪は変わらなかった。

このエントリーをはてなブックマークに追加