佐賀県唐津市のエム企画九州旅行社は13、15の両日、市内を巡る日帰りの定期観光バス・モニターツアーを実施する。歴史、自然、文化の名所を訪ね、唐津の魅力が詰まった新たな観光プランを提案する。市内外から参加者を募集している。

 約20年前は市内に定期観光バスはあったが、現在はない。同社は公共交通機関を使う旅行客をターゲットにツアーを企画した。

 旅行者や宿泊施設の利便性向上のためバスが各宿泊施設へ迎えに来る。午前9時半に出発。同社ガイドが同行し、虹の松原、鏡山展望所、唐津城、曳山展示場、旧高取邸、旧唐津銀行(辰野金吾記念館)、アルピノを巡る。午前中の旅程で午後の計画が立てやすいことなどを考慮した。

 定員は両日とも25人(要予約)。観光支援事業「Go To トラベル」で3500円の料金を2500円に割引し、千円分のクーポン券も付く。同社は「お客の反応を見ながら定期観光バスの一歩につなげたい」と話す。

 予約・問い合わせは同社、電話0955(77)1369。協賛の「唐津赤レンガの会」の田中会長、電話090(3608)1209。(成富禎倫)

このエントリーをはてなブックマークに追加