埼玉県熊谷市で2015年、住民6人を殺害したとして強盗殺人などの罪に問われたペルー人被告(35)の無期懲役が、30日までに確定した。最高裁が、上告棄却に対する被告の異議申し立てを退けた。

このエントリーをはてなブックマークに追加