■筑後川を挟み験競う 平安時代、天台宗系の本山派、真言宗系の当山派、2派に統合される諸国の山岳修行すなわち修験道は、地方においてさらに地域の有力山岳修験に統合される。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加