九州新幹線長崎ルートを巡り、佐賀県に国土交通省との協議を積極的に進めるように求める決議案を賛成多数で可決した佐賀県議会=30日午前、県議会議場

 九州新幹線長崎ルート新鳥栖-武雄温泉間の整備方式を巡り、佐賀県議会は9月定例会最終日の30日、自民党などが提出した県に国土交通省との協議を積極的に進めるよう求める決議案を賛成多数で可決した。国交省から提案された環境影響評価(アセスメント)に回答期限の9月末までに同意するよう求める直接的な表現は避けた。

 国交省は佐賀がいったん拒否した複数の整備方式に対応したアセス案に関し、9月末までに同意すれば2023年度着工に向けた財源議論に間に合うとしていた。自民党のフル規格推進派は県に9月末までのアセス同意を迫る決議案の提出を模索したが、会派内の慎重派に配慮した形。

 決議では、フル規格ありきではなく、複数の整備方式について議論する上で、必要な数字や条件が不足していると指摘し、「県民が幅広く議論できるように、アセスの実施をはじめ、さまざまな可能性を想定しながら、国交省との協議を積極的に進める」ことを県に求めた。

 決議を受けて山口祥義知事は記者団に「県と県民の今と将来を見据えて対応していきたい」と強調した。対応に変化があるかを問われると、「『積極的に協議を』と書いてあるので…何だろう、積極的に協議していくことだろうと思う。われわれは協議はいつでもOKなので」と述べ、国交省との「幅広い協議」の3回目を10月中旬で調整していることを明らかにした。

 決議案は自民党(25人)と公明党(2人)、つなぐ会(1人)が共同提出し、採決では県民ネットワークの5人中3人を含め賛成31、反対4で可決した。

 閉会後、自民党県議団の中倉政義会長は「アセスの同意」に言及しなかった理由について「会派内はアセスを実施すべきという人らと、(整備方式について)先の話をじっくりすべきという人らがいるが、それで会派が分かれていいとはならない」と述べ、両者の意見に配慮した決議だったことを説明した。(栗林賢)

県議会が九州新幹線長崎ルート巡る国との協議について決議(2020年9月30日)
このエントリーをはてなブックマークに追加