広島、長崎に投下された原爆を語り継ぐ朗読劇「夏の雲は忘れない」が23日、佐賀市の県立美術館ホールで開かれる。高校生ら5人が地元有志として出演する。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加