佐賀共栄銀行は1日から、現金による窓口振込手数料など各種手数料を引き上げる。金利の低迷で厳しい環境が続く中、現金の取り扱いなどの事務作業に見合う費用を利用者に負担してもらうとともに、利便性が高く手数料が安価なインターネット・バンキングなどへの誘導を進める。

 現金での窓口振込手数料は同一店内、本支店、他行宛てのいずれも一律220円引き上げる。3万円以上の振り込みでは、本支店宛てで現行550円が770円となる。インターネット・バンキングで同様の振り込みをした場合の手数料は550円安い220円となる。

 普通預金口座を開設する場合の郵送対応手数料(550円)と両替金や払戻金を行員が自宅や事業所に届ける場合の手数料(1回当たり1100円)も新設し、ローンカードや返済予定表など再発行に関する手数料も引き上げる。来年1月4日からは、夜間金庫の手数料を8800円から9900円に上げる。(大橋諒)

このエントリーをはてなブックマークに追加