第七章 素志貫徹(四十) 戦場経験のない大隈は、黒田に対して多少の引け目を感じていた。それだけならまだしも、隣に黙って座る榎本も箱館戦争における一方の大将なのだ。

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加