準々決勝・北陵―東明館 延長10回裏東明館1死一、三塁、2番久保諒太がスクイズを決め、サヨナラ勝ちする=佐賀市のみどりの森県営球場

 第147回九州地区高校野球佐賀大会第8日は29日、佐賀市のみどりの森県営球場で準々決勝2試合があり、東明館と佐賀商が準決勝に駒を進めた。

 東明館は3―3で迎えた延長十回、2番久保がスクイズを決め、4―3で北陵にサヨナラ勝ちした。佐賀商は1点を追う四回、2番山﨑の2点二塁打などで4点を奪って逆転。その後も2点を加え、6―2と唐津工を突き放した。

 第9日は30日、同球場で準々決勝の残り2試合が行われる。(草野杏実)

▽準々決勝(みどりの森県営球場)

北 陵1010000100-3

東明館1000001101×-4

   (延長十回)

 

佐賀商000410001-6

唐津工100000010-2

 

 【みどりの森県営球場】

 ▽準々決勝

鹿島―唐津商(10時)

佐賀北―敬徳(12時30分)

このエントリーをはてなブックマークに追加