新型コロナウイルス感染防止策として「気合」の声出しをしないよう求めていた全日本空手道連盟(全空連)が、頭部の防具の口元をシールドで覆って着用すれば組手での発声を認めるようガイドラインを改定したことが…

佐賀新聞電子版への会員登録・ログイン
この記事を見るには、佐賀新聞電子版への登録が必要です。
紙面購読されている方はダブルコースを、それ以外の方は単独コースをお申し込みください
佐賀新聞電子版のご利用方法はこちら
このエントリーをはてなブックマークに追加