政府は29日、待機児童解消に向け、2021年度からの4年間で新たに14万人分の保育サービスを整備する方向で検討に入った。20年度末までのゼロ達成を断念したが、女性の就業率上昇を踏まえた必要量をさらに確保する。

このエントリーをはてなブックマークに追加